シルデナフィルの副作用を知ることで、身体の調子などが分かります。今回は副作用について学びましょう。

考えている男性と多様な薬
公開履歴
瓶に入っていた錠剤

シルデナフィルは勃起不全(ED)の治療薬です。
シルデナフィルの作用は陰茎の海綿体の緊張を緩和し、血流を改善することで勃起に導きます。
また陰茎の勃起を止める酵素の活性を阻害する作用でEDの治療に用いられます。
適応症例は勃起不全であれば心因性、器質性、それらの混在した混合性の全てに適応可能です。
服用後30分から4時間の間に性的刺激を受けることで効果を発現します。
性的刺激が高まる効果はありません。

シルデナフィル 副作用で多いのは血管拡張作用による頭痛とめまいです。
また一過性の視覚異常が出現することがあり、周りがまぶしく見えたり、色の区別がつきにくくなったりします。
このほか動悸や頻脈の出現の可能性もあります。
これらの副作用発現の可能性があるために服用後は車の運転や高所での作業は控えて下さい。
副作用と思われる症状が出現した場合は速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。
シルデナフィルは血管に作用するので、心臓や血圧など循環器疾患のある場合は服用に関して医師と相談して下さい。
また降圧薬などとの併用は注意が必要です。
狭心症の治療薬である硝酸薬(ニトログリセリンなど)との併用は禁忌です。
併用により急激な血圧低下を引き起こし死亡するケースもありますので、十分注意しましょう。

またシルデナフィルが使われているのはED治療薬だけではなく、女性用バイアグラと言われるラブグラにも配合されています。
女性の場合でもシルデナフィルによって女性器周辺の血流が良くなり、不感症やオーガズム不全を改善すると言われています。
男性だけではなく女性の性の悩みを改善することができるシルデナフィルは、とても優秀な成分であると言えるでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索